TOP | チェロキー 中古車 | 歴代のチェロキー

チェロキー 中古車

歴代のチェロキー

ジープ・チェロキーは1983年に北米市場でデビュー、SUV市場のセグメントを創出しました。
それ以来4輪駆動車あるいはスポーツ・ユティリティ・ビークル(SUV)のスタンダードとして世界市場でリーダー的存在、さらにベストセラーの地位を維持してきました。

チェロキーのイメージ写真です

進化するチェロキー

年代ごとのチェロキーの特徴

1989年 12月、チェロキー日本上陸。本革シートなどを装備する上級グレードのLTD、スタンダードモデルのラレード。当時の新車価格は440〜513万円と、その後のモデルに比べかなり高価なもの。
1993年 新車価格がグット抑えられ登場。同時にグレード設定も、上級グレードのLTD、スタンダートモデルのスポーツに変更。
この時、スタンダートモデルのスポーツでは、新車価格ナント299万円。後のチェロキーブームの要因の一つにもなりました。
エンジン・駆動系・ボディなど主要機関は共通ですが、この時期から、グレードによる装備の差は大きくなりました。
LTD 外装 専用フルペイントボディ、専用純正アルミ、専用ゴールドライン&エンブレム、ルーフレール、ABS etc・・・
内装 本革シート、ウッド調パネル etc・・・
スポーツ 外装 専用フルペイントボディ、専用純正アルミ、専用ゴールドライン&エンブレム、ルーフレール、ABS etc・・・
内装 モケットシート etc・・・

※ 最近大人気のベージュ本革内装が、この時期のLTDだけとなります

1994年 LTD・スポーツ共に変更
LTD 専用フルペイントボディ、専用純正アルミ、専用ゴールドライン&エンブレム、ルーフレール、ABS etc・・・
スポーツ 専用フルペイントボディ、専用純正アルミ、専用ゴールドライン&エンブレム、ルーフレール、ABS etc・・・

※ 最近人気のベージュインテリアJeepが、この時期のスポーツのみとなります

1995年 モデルチェンジ。
LTD・スポーツ共に、シートの大型化、SRSエアバック付きステアリングへの変更。更にLTDでは、車両背面に装着されたスペアタイヤがラゲッジ内に移動され、背面タイヤレスに変更されました。
1996年 モデルチェンジ。通称、前期型の最終モデルに当たります。
エンジン内部の変更により排気量はそのままに、静粛性&パワー向上。スポーツにもABSをオプション設定。カタログなどによる公表はありませんが、それまでの細かなトラブルがかなり解消されたモデルでもあります。
※ 輸入車初心者・女性などに特にオススメです
1997年 モデルチェンジ。
1998年に全車イモビライザーが標準装備されますが、その後の1999年には、スポーツで、それまで未塗装だったオーバーフェンダー・前後バンパーもボディ同色に。内装色も、明るいグレーから、高級感させ感じるダークなブラックカラーに変更されました。
更にLTDでは、やはり明るいグレー本革内装から、黒本革内装・ベージュ本革内装(外装色により)に変更。高級感溢れます。
1999年

モデルチェンジ。
1984年に登場して以来初のモデルイヤー。多額の費用を投じ、フルモデルチェンジに近い変更を受けます。ほぼ同じ形に見えるが、外板パネルやインテリアは一新され、振動・騒音性能や安全性、組みつけの精度が格段に向上しました。
それらは乗り比べて分かるほど、剛性感も増しました。

その後、LTDでアルミホイールのデザイン変更、メッキパーツの標準装備可などの小変更を年々受け、2001年がXJチェロキーの最終となります。

2002年

モデルチェンジ。
初代Jeepの登場から実に65年、よりジープの原点をアピールするデザインとして生まれ変った。フロントには初代ジープでも採用された、7本の縦形スロットグリル、そして大きく丸型のヘッドランプを採用。エンジンはナントV6。その静粛性&走りは高級サルーン並み。

また、エクステリアおよびインテリアの随所にジープ特有の丸型デザインが使用され、全体的に丸みを帯びたデザインへと生まれ変わった。
先代モデルと比べても、背が高くなり、ヘッドルーム、ショルダールーム、レッグルームなどの居住性を高めた、パワフルでプレミアム性の高いアメリカンSUVに変更されました。

Page Top

トップページ[TOP PAGE]

チェロキー 中古車[ABOUT]
チェロキー概要
歴代のチェロキー
チェロキー 在庫車一覧
  • Q&A
  • 店舗紹介
  • 採用案内
  • 特定商取引法に基づく表示
  • お問合せ
携帯用マップ[MAP]

QRコード

上の『QRコード』を携帯のカメラ機能を使用して読み込ませてください。当店周辺の地図が表示されます。

キャノンボール
キャノンボール 本社
〒344-0066
埼玉県春日部市豊町5-13-8
TEL: 048-763-3333
FAX: 048-763-3353
HP: http://www.canonball.biz
サービスセンター(CSC)
〒344-0048
埼玉県春日部市南中曽根913-3
TEL: 048-812-4842
FAX: 048-812-4843